利用規約(LITTLE HELP CONNECT)


第1条(定義)
本規約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。

1) 「本規約」とは、「利用規約(LITTLE HELP CONNECT)」を指します。
2) 「当社」とは、リトルヘルプ・エージェンシー合同会社を指します。
3) 「本サービス」とは、当社が提供する、LINE公式アカウントとHubSpotのCRM、マーケティング、セールス、カスタマーサービス機能を連携するソフトウェアサービス(理由を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合、当該変更後のサービスを含みます。)を指します。
4) 「本サイト」とは、本サービスに関して当社が運営するウェブサイト(https://www.littlehelp.co.jp/ja/connect)を指します。
5) 「連携サービス」とは、本サービスが連携するLINE公式アカウントサービス及びHubSpotのCRMサービスを指します。
6) 「ユーザー希望者」とは、当社との間で本契約を結び、本サービスを利用することを希望する者を指します。
7) 「ユーザー」とは、当社との間で本契約を結び、本サービスを利用する者を指します。
8) 「ユーザー登録情報」とは、ユーザー希望者及びユーザーが本サービス上で登録、追加、変更した情報を意味します。
9) 「本契約」とは、本規約にユーザーが同意することで成立する、当社が本サービスの利用をユーザーに許諾する契約を指します。

第2条(通知)
1. 当社がユーザーに対して本サービスに関する各種通知を行う必要があると判断した場合、本サイトへの掲載、電子メール、書面、又は、これらによることが困難な場合は当社が適当と判断する方法により随時これを行います。

2. 前項の通知は、電子メール及び書面により行う場合は、当社が発信した時点、本サイトへの掲載により行う場合は、当該通知の内容を本サイトに掲載した時点をもって、全てのユーザーに到達したものとみなします。

第3条(適用範囲)
1. 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社とユーザーの間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとし、ユーザーは、本規約の定めに従って本サービスを利用します。

2. 本サービスをご利用いただくには、予め本規約に同意の上、本サービスの利用申込み、ユーザー登録を行うものとします。本サービスの利用申込みによって、ユーザーは本規約及びこれに関連する規約・通知等のすべてに同意したものとみなされます。

3. 本サービスに関し、当社が別途定めるルール、契約及び覚書等(以下「ルール等」といいます。)がある場合は、これも本規約に含まれるとみなします。ただし、当該ルール等の内容が本規約に定めのある事項に関するものである場合は、当該ルール等が本規約に優先して適用されます。

第4条(ユーザー登録)
1. ユーザー希望者は、本サービス利用申込みに際し、本規約に同意の上、ユーザー登録を行うものとします。なお、前条2項に規定しているとおり本サービス利用申込みを行ったユーザー希望者は、本規約及びこれに関連する規約・通知等の全てを変更なく受け入れたことに同意したものとみなします。

2. ユーザーは、当社に対し、申込書への署名押印又は同意欄へのクリック等により本サービスの利用を申込むものとします。当社によるユーザー登録の承認に基づき、当社が本サービスの開始をユーザーに通知した時点又はユーザーが本サービスの利用を開始した時点のいずれか早い時点で、本規約の諸規定に従った本契約がユーザーと当社の間に成立するものとします。

3. 次の各号の定めのいずれか一に該当する場合、当社は、前項の本契約の締結をしないことができるものとし、ユーザー希望者は、これに異議を述べることはできず、理由の開示を求めることはできないものとします。

1) 過去に本規約又は本契約に違反したことを理由として、ユーザーが何らかの処分を受けた者である場合
2) 当社に提供した情報の全部又は一部につき、虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
3) その他当社が不適切と判断した場合

4. ユーザーは、登録事項に変更が生じた場合は、直ちに当社所定の方法により、登録事項の変更手続きを行うものとします。

第5条(サービス内容)

1. ユーザーは、本契約の有効期間内に限り、本契約に違反しない範囲で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。

2. 本サービスは、24時間365日利用できます。ただし、本規約で別途定める場合は利用できません。

3. ユーザーは、自らの責任と費用において、HubSpotライセンス、LINE公式アカウント、ハードウェア、ソフトウェア、インターネット接続回線、セキュリティの確保等、本サービスの利用に必要な環境を整備します。

第6条(契約期間)
本契約の有効期間はご契約成立日から起算してより1ヶ月間(年契約の場合は1年間)とします。但し、有効期間満了の14日前までに、当事者の一方から相手方に対する書面又は当社所定の方法による契約終了の意思表示がない限り、契約期間は更に1ヶ月(年契約の場合は1年)同一の条件で自動的に延長されるものとし、以後も同様とします。

第7条(利用料金)
1. 本サービスの利用料金は、本サイトの価格表に記載の金額とします。

2. ユーザーは、前項の利用料金を利用月の前月末日までに、追加メッセージ料金は翌月10日頃に、当社の指定する金融機関口座に支払うものとします(クレジットカード払いの場合は自動引き落としします)。なお、銀行振込手数料その他支払に要する費用は、ユーザーの負担とします。

3. 当社は、本条2項に従い当社に対し支払われた利用料金について、本契約の成立以降、たとえ契約期間の途中で契約が終了した場合でも、有効期間の未経過分の料金等いかなる金銭の返還も行いません。

4. 当社が利用料金を変更した場合は、当社の定める方法に従いユーザーに通知します。

5. ユーザーが本条に基づく利用料金その他の本契約に基づく金銭債務の支払いを遅延したときは、当該時点で本規約第5条に定める契約期間が終了するまでの利用料金のうち既払い分を除く全残額について期限の利益を失うものとし、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、年14.6%(年365日の日割計算)の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第8条(パスワードの管理)

1. ユーザーは、自己の責任において、ID及びパスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に開示、利用、貸与、譲渡、売買、担保提供等をしてはならないものとします。

2. 当社は、ログイン時に使用されたID及びパスワードが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、当該ログインした者を真正なユーザーとみなします。

3. ユーザーによるID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、不正使用等によってユーザーが損害を被ったとしても、当社は一切責任を負わないものとします。

第9条(禁止行為)
本サービスの利用に際し、当社はユーザーに対し、次の各号に該当する行為を禁止します。違反した場合、即時解約、利用停止等、当社は必要な措置を取ることができるものとします。

1) 本サービスの運営を妨げ、その他本サービスの提供に支障をきたす行為、又はそれらのおそれのある行為
2) 当社又は第三者の名誉、若しくは信用を毀損する行為
3) 当社又は第三者のプライバシー若しくは肖像権、又は著作権、商標権その他の知的財産権の侵害をする行為又はそれらのおそれのある行為
4) 公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為、又はそれらのおそれのある行為
5) 当社又はユーザーが所属する業界団体の内部規則に違反する行為、又はそれらのおそれのある行為
6) コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為、又はそれらのおそれのある行為
7) 当社が提供するソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為、又はそれらのおそれのある行為
8) 第三者に成りすます行為、又はそれらのおそれのある行為
9) その他当社が不適切と判断する行為

第10条(権利帰属)
1. 本サービスに関する、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、不正競争防止法上の権利、その他一切の財産的若しくは人格的権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、全て当社又はそのライセンサーに帰属します。

2. 当社は、本契約においてユーザーに対し本サービスの目的の範囲における利用を許諾するに留まり、何ら当社又はそのライセンサーの、本サービスに関する知的財産権等を譲渡するものではありません。

第11条(本規約の変更)
1. 当社は、当社の判断により、本規約をいつでも任意の理由で追加・変更・削除(以下「追加等」といいます。)することができるものとし、ユーザーは、当社が本規約を追加等すること及び本サービスの利用条件は追加等後の利用規約によることを予め承諾します。

2. 当社が別途定める場合を除き、本規約の変更は、本サイトに掲載する方法その他当社の指定する方法によってユーザーへ通知します。

3. 本規約の変更は、前項の通知の時点より効力を生じるものとします。変更後、ユーザーが本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に解約の手続をとらなかった場合には、ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第12条(秘密保持)
ユーザーは、本サービスに関連して当社がユーザーに対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、本サービスの利用目的以外に利用、複製及び第三者に開示しないものとします。

第13条(個人情報)
1. 当社は、秘密情報のうち、個人情報、ユーザー登録情報その他ユーザーに関する情報を、別途本サイト等に掲示する「プライバシーポリシー(https://www.littlehelp.co.jp/ja/privacy-policy)」に基づき、適切に取扱います。

2. 当社は、「プライバシーポリシー」に基づき、本サービス提供及びこれに付随する業務に必要な範囲で、個人情報、ユーザー登録情報その他ユーザーに関する情報の取扱いを業務委託先に委託することができるものとします。この場合、委託先の選定及び監督に関して、当社は善管注意義務に従いこれをなすものとします。

3. 当社は、ユーザーの名称を当社導入企業として公開することができるものとします。この場合、当社は事例を公開するために必要な範囲でユーザーのロゴ及び商標等を無償で使用できるものとします。

4. ユーザーは、前項の場合には、当該公開又はロゴ及び商標等使用の停止や削除、その他必要な措置を請求することができるものとします。

第14条(非保証)
当社は、次の各号について一切の保証を行わないものとし、ユーザーはこれに同意します。

1) サービス利用に起因してユーザーのハードウェアに不具合や障害が生じないこと
2) コンテンツの正確性及びシステムの完全性
3) 本サービスが永続すること
4) 本サービスの利用に中断またはエラーが発生しないこと
5) 連携サービスが利用可能であること

第15条(免責)
当社は、次の各号について一切の責任を負わないものとします。

1) 連携サービスの利用に関し、ユーザーは各連携サービスの利用規約を自己の費用と責任で遵守するものとし、ユーザーと連携サービス運営会社等との間で紛争等が生じた場合でも、当社は当該紛争等について一切の責任を負いません。
2) ユーザーは、連携サービスに起因する本サービスの不具合が生じる場合があることを了承します。また、当社に起因しない本サービスの不具合については、当社は一切の責任を負いません。
3) ユーザーが、本サービスを利用することで、ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反する等により、ユーザーが損害を被った場合でも、当社は当該損害について一切の責任を負いません。
4) 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、ユーザーの登録の取消その他本サービスに関連してユーザーが被った損害につき、当社に故意又は重過失のない場合、賠償する責任を一切負わないものとします。

第16条(損害賠償)
1. 当社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合であっても、当社の賠償責任は、損害の事由が生じた時点から遡って直近1ヶ月の期間にユーザーから現実に受領した本サービスの利用料金の総額(当該期間中に本サービスの利用料金を受領していない場合には1,200円)を上限とします。ただし、当社の故意又は重過失による場合はこの限りではありません。

2. ユーザーは、本サービスの利用により、当社又は第三者に対して損害を与えた場合(ユーザーが本規約に違反したことにより、当社又は第三者が損害を被った場合を含みます)には、自己の責任と費用をもって処理及び解決するものとします。また、ユーザーの行為により第三者から当社が損害賠償請求を受けた場合には、当該ユーザーは当社に対し、当社に生じた損害及び費用(合理的範囲内の弁護士費用等の間接的な損害及び費用を含みます)を補償するものとします。

第17条(一時的な中断及び提供停止)
当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、事前に告知、通知することなく、本サービスの提供及び運用を中断又は中止することができます。また、第15条4号に規定するとおり、当社はそれによりユーザーに生じた損害を賠償する責任を一切負わないものとします。

1) 緊急に本サービス用設備等の保守、メンテナンスを行う場合
2) 本サービス用設備の故障等がある場合
3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災、戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議、火災、停電、その他、不慮の事件、事故等の不可抗力により、本サービスを提供できない場合
4) ユーザーの用意した環境、ソフトウェア等の不具合によって、サービスの提供環境に甚大な被害が及んだ場合、又は甚大な被害が及ぶ可能性が予見された場合
5) ユーザーが本規約に違反した場合、又は本規約に違反しているおそれがあると判断した場合
6) その他当社がサービスの提供及び運用を中断又は中止する必要があると判断した場合

第18条(登録抹消)
1. 当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当し又は該当すると当社が判断した場合は、事前に通知することなく、ユーザーについて本サービスの利用を一時的に停止し又はユーザーとしての登録を抹消して本契約を解除することができます。

1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
2) 当社に対し、虚偽の事実に基づきユーザー登録を行った場合
3) 支払停止若しくは支払不能となり又は破産、民事再生手続き開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始もしくはこれらに類する手続きの開始の申立てがあった場合
4) 自ら振出し、もしくは引受けた手形または小切手につき、不渡りの処分を受けた場合
5) 差押、仮差押、仮処分、強制執行または競売の申立てがあった場合
6) 租税公課を滞納し、その保全差押を受けた場合
7) 解散または営業停止状態となった場合
8) 1ヶ月以上本サービスの利用がない場合
9) 当社からの問い合わせに対して、7日間以内に応答がない場合
10) その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

2. ユーザーは、前項各号のいずれかに該当し又は該当すると当社が判断した場合は、当社に対して負っている債務の一切の期限の利益を失い、直ちに当社に対する全ての債務の履行をしなければなりません。

3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第19条(ユーザーからの解約)
ユーザーは、解約日の30日前までに本サイト等所定の方法により申し出ることによって、契約期間中に利用契約を解約することができます。この場合、解約日までに、ユーザーは、本規約第6条第に定める契約期間が終了するまでの利用料金のうち既払い分を除く全残額を当社に支払うものとします。

第20条(反社会的勢力との取引排除)
1. 当社およびユーザーは、それぞれ相手方に対し、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

1) 自己または自己の代理人もしくは媒介をする者が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなってから5年を経過していない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下総称して「暴力団員等」という)であること
2) 暴力団員等が経営を支配している、もしくは経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
3) 自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
5) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

2. 当社およびユーザーは、自己または第三者をして、相手方または相手方の関係者に対し、詐術、暴力的行為、脅迫的言辞を用いる行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、相手方の信用を毀損し、または業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為をしないことを確約します。

3. 当社およびユーザーは、相手方が本条1項および2項の確約に違反した場合、催告することなく直ちに本契約を解除し、併せてこれにより被った損害の賠償を相手方に請求することができるものとします。

4. 当社およびユーザーは、前項により本契約を解除した場合において、相手方に損害が生じたとしてもこれを一切賠償しません。

第21条(分離条項)
本規約のいずれかの条項又は一部が、特定のユーザーとの関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、当該条項又は一部は、その他のユーザーとの関係では有効とします。

第22条(存続規定)
第3条3項、第7条3項及び5項、第10条、第12条ないし第17条、第18条2項及び3項、第19条ないし第24条の規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとしま す。

第23条(準拠法)
本規約、及びこれに関する一切の事項については、日本国法を準拠法とし、本規約は、日本国法に従って解釈されるものとします。

第24条(合意管轄)
本サービスに関連して、ユーザーと当社の間で問題が生じた場合、両者は誠意を持って協議し、協議しても解決しない場合には東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2019年3月24日 制定(2021年7月12日 改定)

リトルヘルプ・エージェンシー合同会社
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエアイーストタワー 4階